アルバイトしていない学生の借入

消費者金融や学生ローンはバイトしているのは必須

学生に限らずですがアルバイトしていない状態ならばお金を借りることは出来ません。

 

これは学生ローンでも消費者金融でも同じですね。

 

アルバイトしていないと返済するお金がありませんし、総量規制があるので収入がない人には貸せません。

 

総量規制は年収の3分の1までしか借りれないと決められているものなのですが、アルバイトしていない方は年収0円なので、借りれる金額も0円という事になり借りれません。

 

ですので、借入をしたいけどアルバイトをしていないという人は、まずはアルバイトを始めたほうが良いです。

 

バイト探し

 

少なくとも3か月以上続けで出ないとローンの審査には通りにくいでしょう。

 

ちなみに、このアルバイトですが「日雇い」の場合は勤務先が固定ならば大丈夫なのですが、日によって勤務先が違う場合はダメです。

 

このように、アルバイトをしていない人は借りれないのですが、学生ローンのカレッヂに関しては次の場合は相談には乗ってもらえるようになっています。

 

つい最近までアルバイトをやっていて、今後アルバイトをやる予定がある

 

所謂一時的に今アルバイトをしていないだけという人ですね。このような方は状況にもよりますが借りれる可能性もあるのです。

 

逆に今までアルバイトをしたことがないという人であったり、今後アルバイトをする予定がないという場合は申し込みできません。

 

どうなるかは分かりませんが、取りあえず上記の状態の方はカレッヂに申し込みして相談してみるといいでしょう。

 

アルバイトしていると嘘をつくのはNG

上記のように基本的にアルバイトをしていない学生の方は借入することが出来ません。

 

ですので、悪知恵を考えて適当なバイト先を記入して、バイトをしているという嘘を書けばいいのでは?という事を思ってしまう人もいます。

 

でもこれは絶対にやめておきましょう。

 

基本的に消費者金融ではアルバイト先へ在籍確認がありますので、実際に働いているかどうかはわかります。

 

ただ、学生ローンに関しては在籍確認を行っていないところが多いです。在籍確認に関しては法律で定められているわけではありませんので。

 

なので、間違って審査に通ってしまう可能性もありますが、もしバレてしまえば一括返済を求められるようになるでしょう。かなり厳しくなります。

 

学生ローン会社からしても嘘をついていたというのはちょっと許せないですからね。

 

ですので、アルバイトをしているという嘘を申告するのは絶対にやめておきましょう。

 

アルバイトをしていなくても利用できる目的ローン

上記では一般的な利用目的自由の消費者金融や学生ローンに関してアルバイトをしていないと借りれないという事ですが、以下のような目的ローンならば利用できるものもあります。

  1. 運転免許ローン
  2. トラベルローン
  3. 就職内定者向けローン

 

運転免許ローン

運転免許ローンは自動車などの運転免許を取得するために利用するローンです。

 

18歳以上で保護者の同意が得られれば未成年のが癖でも利用することが出来ます。

 

エポスやジャックスといった信販会社の免許ローンを教習所を通して利用したり、銀行の運転免許ローン等を利用するようになります。

 

大学生協にも運転免許ローンがあり金利も安くおすすめなのですが、親に保証人になってもらう必要などもあります。

 

スキップ払いと言っ最長6か月以内で自由に支払い開始日を選ぶことが出来ます。

 

こういった運転免許ローンはアルバイトをしていなくても利用できるので、借入したいという理由が免許を取得したい場合は、この運転免許ローンを利用するといいでしょう。

 

トラベルローン

トラベルローンとは主にHISやJTBといった旅行会社が、旅行代金を分割で支払うことが出来るローンです。

 

旅行代金となるとそれなりの金額になりますし、現地で使うお金も必要ですので、今持っている現金は置いておきたい時などに利用できます。

 

このトラベルローンも18歳以上の人を対象としていて、アルバイトをしていない場合でも大丈夫です。

 

ただ、学生の場合は親権者の保証人などが必要になることが多いです。

 

ですので、学生が親に内緒でトラベルローンを利用するという事は出来ないですね。

 

また、HISやJTBといった旅行会社の商品を利用するときに利用できるものであって、個人で手配して旅行に行く場合は利用できません。

 

就職内定者向けローン

就職内定者向けローンは銀行やろうきんなどで、就職が内定している学生を対象としてローンを受けることが出来ます。

 

すべての銀行やろうきんであるわけではなく、ごく一部になります。

 

商品内容も各銀行や労金によって違ってきますが、返済は社会人になってからで大丈夫になっていてそれまでは利息の返済飲みで良かったり、金利自体が結構低い金利で利用できたりします。

page top