学生が消費者金融から借入できる限度額

消費者金融から借入できる限度額は総量規制によって決まる!

学生が借入するときに、「消費者金融から借入できる限度額はいくらまで?」というのが気になる人もいるでしょう。

 

借入する理由って様々で、中古車やバイクの購入なら高額な金額が必要ですし、飲み会に使うお金なら数万円で済みます。

 

限度額が気になっているという事は、基本的に高額な金額が必要という人が多いでしょうね。

 

この限度額ですが、実際に消費者金融や学生ローンに申し込みしてみて審査の結果を見ないとはっきりしたことは言えません。

 

ただ、最高で借りれる金額というのは決まっています。

 

「総量規制」というものが導入されていますので、年収の3分の1の金額が最高で借入できる金額となります!

 

どうして3分の1までなのかというと、返済能力を超える貸し付けは禁止されていて、この返済能力を超える貸し付けの基準として年収の3分の1までという事になっているのです。

 

銀行カードローンに関しては、この総量規制というのが適用されないのですが、「銀行の貸しすぎ」が問題になったことにより、銀行の自主規制によって総量規制に準じた設定になっています。

 

ですので、学生に限らずですが年収の3分の1が最大で借りれる限度額という事になります。

 

年収別限度額

学生の場合、アルバイト収入ですので月に3万円から多くても10万円程度という事がほとんどではないかと思います。

 

ですので、以下で月に「3万円」「5万円」「7万円」「10万円」のアルバイト収入を得ている方の最大で借りれる限度額を書いておきますね。

 

月のアルバイト収入 年収 最大で借入できる限度額
3万円 36万円 12万円
5万円 60万円 20万円
7万円 84万円 28万円
10万円 120万円 40万円

 

総量規制の限度額いっぱいまで借りれるわけではないので注意

上記で紹介した総量規制ですが、あくまでこれは最大で借入できる限度額であって、この限度額まで消費者金融や学生ローンが必ず貸してくれるという訳ではありません。

 

この総量規制での金額よりも少ない金額の限度額になると思っておいたほうが良いでしょう。

 

例えば、月5万円の収入を得ていて年収60万円で総量規制により最大20万円の方なら、実際に審査して決まった限度額は10万円といったような少ない金額の限度額になる可能性が高いのです。

 

その後の取引でちゃんと返済していくことにより、増額の申請をしたときに総量規制の最大の金額に近づけることが出来ていくというイメージです。

 

ですので、大学生でいくら借りれるのか?というのが気になっている方は、まず総量規制によって年収の3分の1という目安を頭に入れて、それよりも少ない金額の限度額になると予想しておくといいでしょう。

 

消費者金融の最高融資額

消費者金融は学生だけを対象としたものではありませんので、最高融資額というのはかなり多く設定されています。

 

ただ、上記で紹介したように総量規制がありますので、最高でも年収の3分の1までしか借りることが出来ませんけどね。

 

とりあえず、各大手消費者金融の最高融資額を紹介しておきますね。

 

プロミス最高融資額 500万円
アコム最高融資額 800万円
レイクALSA最高融資額 500万円
SMBCモビット最高融資額 800万円
アイフル最高融資額 800万円

 

学生がこんなに借りれるわけはないのですけどね。とりあえず消費者金融の最高融資額がどういうものかという参考までにです。

 

総量規制を考えると、500万円借りるのならば年収で1500万円ですし、800万円借りるのなら年収で2400万円必要という事になります。ですので、各消費者金融の最高融資額を借りれるのはごくごく一部の人になりますね。

 

学生ローンの最高融資額

学生専用の学生ローンに関しては、学生を対象としているので現実的な最高融資額になっています。そこで、学生ローン会社の最高融資額も紹介しておきますね。

 

カレッヂ 50万円
フレンド田 50万円
イー・キャンパス 50万円
マルイ 50万円
アミーゴ 50万円
学協 40万円
ヤングローンキャンパス 50万円
友林堂 30万円
トーエイ 50万円
阪神クレジット 50万円
ニチデン 30万円
アサヒ信用 50万円

 

車やバイクなどの高額なものを買う場合

総量規制によって最大でも借りれる金額は決まっていて、学生の場合アルバイト収入のみなので高額な融資は受けることが出来ません。

 

となると、中古車やバイクといったある程度高額な50万円を超えるような借入は出来ません。

 

ただ、中古車やバイクの購入だとディーラーが取り扱っているディーラーローンならば総量規制の対象外ですし、ある程度審査も緩めなので借入できる可能性はあります。

 

ですので、もし中古車やバイクの購入をしたくて高額な融資を受けたい場合は、ディーラーローンを検討するといいでしょう。

 

ただ、借金に変わりはありませんし月々支払っていかないといけないので、ちゃんと返済計画を立てたうえで借りる必要があります。

 

アルバイト収入という事なので、ディーラーローンと言えどもそんなに高額な融資は難しいかもしれませんけどね。

 

あと方法としてあるのが、親に親名義で車をマイカーローンを使ったり自己資金を使って購入してもらい、その車を使わせてもらい毎月親に返済していくという方法もあります。

 

銀行のマイカーローンの場合金利がかなり低いので、マイカーローンを使ったり自己資金を使ってもらうこの方法がベストにはなるでしょう。

 

その他の理由で高額な融資を受けたいという場合も、高額な融資となると親に相談するしか方法はないですね。

page top